8種野菜の和チャウダー

8種野菜の和チャウダー

田島 恵さん 作

〈メニューに使った横浜野菜〉

白菜、大根、里芋、ねぎ、にんじん、ごぼう、ブロッコリー

〈その他の食材とおおよその作り方〉

味噌、しめじ、水、豆乳、錬り胡麻、塩、こしょう

鍋の中に、しめじ、白菜、大根、里芋、ねぎ、にんじん、ごぼうの順に放射状に重ねる。一番上に味噌をのせ、水を入れて火にかける。ある程度やわらかくなったら塩、ブロッコリーを加える。豆乳、錬り胡麻を加えて塩、こしょうで味をととのえる。

〈作者のひと言PR〉

横浜野菜の魅力を十分引き出せるように「重ね煮」のスープレシピを考案しました。食材を陰陽の観点からみて組み合わせ、皮やアクも丸ごと使用する「重ね煮」調理は、食材の甘み、旨みをぐん!と引き出します。だしやブイヨンは使用せず、「重ね煮」した8種類の野菜から引き出されたまるいふくよかな旨みと日本古来のシンプルな調味料とのハーモニーを楽しんで味わっていただきたいと思っています。

〈書類審査員のコメント〉

スープだけでも、これだけ多くの野菜をとれる。冬野菜のうまみをたっぷり味わえますね。子どもならホワイトソース、高齢者には酒粕など、アレンジを加えてさらに楽しめそうなスープです。