横浜野菜と牡蠣の和風チャウダー

横浜野菜と牡蠣の和風チャウダー

永持麻子さん 作

〈メニューに使った横浜野菜〉

玉ねぎ、ニンジン、大根、椎茸、ジャガイモ、小松菜

〈その他の食材とおおよその作り方〉

生ガキ、ベーコン、酒、煮干しだし、牛乳、オリーブ油、バター、小麦粉、味噌、塩、こしょう、片栗粉

オリーブ油とバターで、ジャガイモと小松菜以外の野菜とベーコンを炒め、約10分ほどじっくり蒸らし炒める。小麦粉をふり入れ炒める。沸かした煮干しだし、ジャガイモを加えて煮る。蒸し煮をしたカキを蒸し汁ごと牛乳も加え、さらに約5分煮て、味噌、塩、こしょうで味を調える。

〈作者のひと言PR〉

我が家の冬の定番スープです。
美味しい冬野菜と海のミルク、陸のミルクとの相性は抜群です。
野菜や牡蠣の栄養とうま味がたっぷりで、このスープをいただくと身体が喜んでいる気がします。沢山作って夕食に朝食に食べていただきたいです。ほんのり味噌の風味がご飯にもぴったりです。ご飯を入れてチーズをふってリゾットにしてもいいですよ。
出汁に煮干しを使うと野菜の味を邪魔せず、すっきりした味になります。頭と内臓を取ることが臭みを出さないポイントです。
野菜はじっくり蒸らし炒めにし、美味しさを引き出すのがポイントです。焦がさないように気をつけて。
ずっと定番にしていただきたいスープなので、珍しくないかもしれませんが、丁寧に下ごしらえをすることで、食べる人に愛情が伝わるスープだと思います。

〈書類審査員のコメント〉

冬に食べたいスープですね。普通、クラムチャウダーにたくさんの野菜は入らないけれど、このスープは野菜もたっぷり。牡蠣と野菜、両方の味があいまって、とってもおいしいと思うわ。煮干しを使ってきちんと作っていることもわかります。今年は全体的に、ちゃんと作っている、見るからにおいしそうなスープが多かったですよ。